読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恥さらし

読み物として読んでください

サークルと自分の相性

こんばんは、久々に大学生活について触れます。

 

サークル、この時期新入生の皆さんは一番楽しみにしてるんじゃないですか?サークルの紹介冊子なんかが手元にあって毎晩眺めてる人とかいたりしません?大学特有のこの単語、魅惑の響きでしょ。飲みとかもあるしね。

そもそもサークルってなんだ…円?ちらっと調べてみたところ、趣味を同じくする人の集まり、みたいな定義づけされてるらしいですね。ふーん。

去年の今頃私も紹介冊子めくってた記憶があります。入学してからすぐに新歓イベントの一環としてサークルの勧誘会のようなものもあったりして、どのサークルに入るか決めるんですね。ワクワクするね。4月の大学1年生ほど浮かれてる人類居なくない?ってくらいみんなふわっふわです。私も例外ではなくその1人でしたので、「サークルどうしよう」空気に乗ってとあるサークル2つに入ることを決めます。1つは将来やってみたい仕事が経験できる(サークル単位ではありますが)もので、少人数で無理なくやりたい時にやろうねというサークル。もう1つは好きなことに費やす時間も欲しいと思って入ったサークル、うちの大学にしてはマンモス級、大人数のサークル。結論を言うと私は後者のサークルからは消えるんですけども。サークル活動についても触れてみようかなと思いまして、以下思い出話です。

 

先ほど上で書いた後者のサークルについてのお話。私は幼稚園小学校でピアノを習っていて中高は吹奏楽部。ピアノやってたし運動は特別得意じゃないしみたいな感じでなんとなーく音楽続けてきたのですが、大学でも何かしら音楽はやりたいなあと思っていました。

詳しくは言いませんがある音楽系のサークルのステージ発表を見て素直に感動したので私もやってみたいということで入ってみました。勧誘会で得た情報は、

  • 大人数で和気あいあい
  • 活動は週2
  • 参加頻度は人それぞれ
  • 5人ほどで組むグループ活動が主

くらいだった気がします。週2くらいだったら余裕じゃんと思いホイホイと釣られる私。音楽はやりたかったし純粋にその人たちの音楽には感動した、無理なくできそうだし入らない理由はない。で、このサークルに参加することに決めました。

実際に入ってみると先輩は優しいし好きな音楽がやれて楽しかった。充実したサークル活動と言えたと思う。最初のうちは。ただ人間その場所に長く居るとだんだん悪いところも目につくようになるもので、少しずつ私の大学生活がこんなとこからも壊死し始めます。もう死にまくり。

週2と言われていたサークル活動ですが、確かに全体で集まってサークル活動をするのは週2なのですがその他にも時間が取らてしまうことがわかってきます。グループ活動が主なので、そのグループ単位での自主練習の時間が必要になってくるんですね。最初の方こそ楽しんでいたのでグループ練習への意欲も高かったのですが、思った以上に生活の大部分をこのサークル活動が占めるようになってきました。平日は夜中0時を回っても平気で練習したりとなかなかクレイジーでした(夜中も校舎内の部屋を使っていたのでもちろん学務から嫌われていた)。練習時間に生活が侵食されていくのに気づき始めると同時にあることにも気づきます。留年スレスレまたはアウトになるほど単位を落としてる先輩・同期が多い。夜中まで練習に費やして1コマ起きれなかったり、講義サボって練習したり、人それぞれ理由は違うんですけど大体サークルに時間を費やしすぎが原因と聞いています。馬鹿なのか、って正直思いましたしもうそれに気づいてからは冷める一方でした。

 

要領の良い人というのは素晴らしいもので、どれだけ忙しくてもサークルと勉強その他諸々を両立できてしまうんですよねえ…すごい。このサークルに居てバリッバリに活動してなおかつきっちり単位もとっている先輩ももちろん居ました。けれどみんながみんなそういうわけじゃないんですよね、私はこれができないタイプだって自分で気づいています。頭では勉強も頑張りたいサークルも頑張りたいと思っていても、どちらかにしか集中できないタイプです。要領がすこぶる悪い。これができるタイプだったら全然いいんです。でも私はできないタイプ。「私は要領がいいタイプではないからこのままいくと多分単位落とすな」と冷静に考えた結果サークルから身を引くことを決意しました。自分のタイプを客観的に見極めてどう動くかを考える力、大人になればなるほど必要になる気がします。これができないと自分が不利な状況になっていることにも気付けずに周りに流されるだけの阿保になる。

サークル員はみんな良い人でしたが離れて後悔は全くしてないです。私は生活に余裕が欲しいタイプでもあります。暇な時間があると駄目な人っているじゃないですか、私は正反対で暇な時間が欲しい人なんですよね。自分の時間をそのサークルに注ぎ込んでもいいとは思えなかった。何より私は親の金で大学に通っているので単位を落として留年なんてことは以ての外だったんですよね。今はもう1つのサークルだけに専念していてほとんど暇なので、その暇な時間に本を読んだりしてます。このブログも暇を利用して始めたものだし。むしろスパッと辞めて正解だったと思います。

 

これが私の場合の話で、人それぞれサークルに望むものは違うと思うんですがやっぱり自分との相性を見極めた方がいいと思います。私の場合は時間の費やし方が鍵となったわけですが。こればっかりは入ってみないとわからないことが多いので…最初は気になるものは参加して途中で自分の中で何か引っかかり出したら一度客観的にサークルを見つめ直すといいと思います。それでも大丈夫と思ったら続ければいいし、これは自分のためにならないと感じたらすぐに切ってしまった方がいいです。時間の無駄だから。楽しいと思っていたのは錯覚で時間が搾取されているパターンめちゃくちゃ怖いので気をつけてね。あんまり役に立たないかもしれないけど以上アドバイスです。

 

 

辞めたのは夏の話です。

新入生諸君の健闘を祈る、、

 

 

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村